TOP プロフィール ブログ 活動報告 活動の軌跡 議会報告 委員会視察 リンク メール
活動の軌跡

R1年度H30年度H29年度H28年度H27年度

 

H26年度H25年度H24年度H23年度H22年度H21年度H20年度H19年度H18年度

 
令和1年度の委員会報告

6月総務理財委員会報告(2019.6.24)

24日は13時30分から委員会が開催された。

まず4月の人事異動に伴い就任し、閉会中の5月17日に開催の委員会において紹介された課長級以上の幹部職員の紹介があった。総務部長が2名の課長を選挙管理委員会事務局長が次長を紹介した。

次に以下の審査表の通り議案審査に入った。

なお、19日の本会議において行われた議案及び請願に関する委員長報告は、以下の通りである。

当委員会に審査を付託された承認2件、議案7件の審査結果は、配布の委員会審査報告書のとおり、いずれも全会一致にて、承認、原案可決あるいは可決と決定した。

以下、審査の経過概要を申し上げる。

まず、議案第62号令和元年度 松山市一般会計補正予算 第1号の歳入関係部分は、各常任委員長から報告があった歳出予算 関係部分の裏付け財源として、10億 6,504万円を計上するもので、当初予算との累計では、1,848億 6,504万円となり、前年同期との比較では、3.18%の増となっている。

理事者から、今回の補正予算では、子育て環境の更なる充実をはじめ、国・県の補助金などを有効に活用し、市民の安全・安心の確保や都市基盤の整備のほか、地域経済の活性化や国際交流の推進など、引き続き公約や総合計画の将来都市像の実現に向けた諸施策の推進を図ることとした。

まず、少子化対策の一環として、子ども医療費の助成を中学3年生までの通院費に拡充し、子育て家庭の経済的負担を軽減するとともに、病気の早期発見や治療を支援する。

さらに、入会児童が増加している東雲児童クラブの環境を改善するため、東雲小学校と小中連携に取り組んでいる東中学校の施設を一部改修し、児童クラブ室として活用する。

 また、平成30年7月豪雨災害での経験を生かし、災害時に消防団が効果的な救助活動を行えるよう、チェーンソーなどの資機材を各分団に配備する。

さらに、自主防災組織への支援や女性消防職員の活躍推進に取り組むほか、神浦地区の漁港で高潮対策工事を進めるなど、市民の安全・安心を一層確保する。

 次に、県都の陸の玄関口にふさわしい魅力あるまちの実現に向け、JR松山駅周辺の土地区画整理事業を着実に進める。

また、松山空港のエプロン改良工事等の国直轄整備事業に対する地元負担を行う。

さらに、商店街のキャッシュレス化と共通ポイント制度の拡大に必要な 機器等の整備や木材加工業者の施設整備に補助し、地域経済の活性化を図る。

 加えて、台北市との友好交流協定の締結5周年と松山・台北線の定期便就航を記念し、台北市で神輿の鉢合わせを披露するほか、台北市内の主要な観光スポットなどで本市のPRを展開し、台湾での 本市の知名度を一層高め、誘客を促進する。

また、2020年東京オリンピックに向けて、台湾のマラソン出場候補選手の合宿を本市で実施する。

さらに、NPO等との連携により、SDGs 持続可能な開発目標の視点を取り入れた国際理解の取組等を行う。

このほか、三津浜学校給食 共同調理場等の民間委託に係る業務について、債務負担行為を設定することなど歳入全部について、説明を徴した後、全会一致で原案可決と決定した。

以下、審査の過程において、特に論議がなされました事項2点について、その概要を申し上げる。

まず、第1点は、議案第62号令和元年度松山市一般会計補正予算中、歳入についてである。

本件について委員から、市税全体及び個人市民税の、今年度の収入見込みについてただした。

これに対し理事者から、市税全体では、個人市民税や固定資産税の増収が見込まれることから、696億 900万円の収入を見込んでおり、個人市民税では、給与所得の増加により、249億 2,100万円の収入を見込んでいるとの答弁がなされた。

 さらに委員から、松山駅周辺整備事業に係る国庫補助金である 社会資本整備 総合交付金の補助の内示率についてただした。

 これに対し理事者から、交付金の 松山駅周辺整備にかかる内示率は、平成30年度が 70.5%であったのに対し、今年度は、88.8%となっているとの答弁がなされた。

さらに委員から、市債に合併特例債は含まれているのかただしたのに対し、理事者から、松山駅周辺整備の都市計画債に合併特例債を充当することになっているとの答弁がなされた。

第2点は、議案第62号令和元年度 松山市一般会計補正予算

  1. 第2項 第1表中、歳出9款1項1目 常備消防費についてである。

 本件について委員から、自主防災組織の防災資機材整備に助成するコミュニティ助成事業では、実施する地区をどのように選定しているのかただした。

これに対し理事者から、自主防災組織を中心とした助成事業等 実施団体 選考審査会を設けて選定している。

今後も、助成を受けていない自主防災組織が優先して、この助成事業を活用できるよう申請していきたいとの答弁がなされた。

 また、他の委員から、コミュニティ助成事業を活用した防災資機材の整備状況についてただした。

これに対し理事者から、自主防災組織の地区連合会ごとに 整備を行っているが、41ある地区連合会のうち今回の和気地区を含めて20地区で整備がされることとなるとの答弁がなされた後、委員から、防災環境づくりのため、しっかりと整備を進めてほしいとの要望がなされた。

以上のほか、

・市民防災業務を、消防局から 市長部局の危機管理課に移管したことによる効果について

・選挙投票立会人の報酬額の基準について

・スポーティングシティまつやま推進事業 中、台湾マラソン選手団と市民との交流について

それぞれ、質疑応答、あるいは要望があった。

委員会終了後には担当課から総合戦略の改訂に関する報告が行われ、第2期総合戦略策定スケジュールや松山市まち・ひと・しごと創生総合戦略(H27〜H31)の成果等が報告された。


5月総務理財委員会報告(2019.5.17)

17日は13時30分から委員会が開催された。

案件は、

(1)閉会中の調査研究について

・スマート自治体の推進について

(2)所管事務調査について

・所管事務調査の変更について

・所管事項質疑

まず初めに4月の定期人事異動に伴う新任の職員を総務部長、理財部長、総合政策部長、危機管理水資源担当部長、坂の上の雲まちづくり担当部長及び会計管理者がそれぞれ紹介した。そして、審査に関係する理事者の退席のため暫時休憩した。

 再開後は以下の通り、今後のスケジュールが示された。

また、担当課長がAI(人工知能)及びRPA(業務の自動化)を活用した業務効率化や自治体クラウド(他自治体との情報システムの共同利用)について以下の通り説明した。

次に平成31年3月定例会で決定した当委員会の所管事務調査について、4月の組織改編に伴い、一部、事務調査事項に変更があったので、本件について(17)市民防災の充実についてを追加し、以下の通り議決した。

次に所管事項質疑が行われ、松山市総合コミュニティセンター電気・機械設備等運転業務委託入札について、談情報どおりに落札したことについて入札業者8者を決定した時期、今回と前回、前々回入札業者と落札価格と入札執行表の開示及び業務委託範囲の説明が求められ担当理事者が答弁した。

以上で委員会を終了した後、危機管理水資源担当部から愛媛県からの西条と松山の水問題に対する6つの提案について示された西条市からの回答が以下の通り説明された。また、合わせて松山市が行った西条市に対する新たな提案も以下の通り報告された。

 


 
松山市議会議員 若江進(わかえすすむ)を育てる会事務所
〒791-8061 松山市三津3丁目9−18
TEL:(089)907-0870 FAX:(089)907-0871
Home Page:http://www.wakae.net  E-mail:susumu@wakae.net