松山市議会議員,2026
青年海外協力隊
指導者の育成と充実
松山

真の国際人とボランティアの育成。スポーツを通した健全な青少年の育成。恵まれた自然と歴史を生かした町づくり。

真の国際人とボランティアの育成

国際ボランティアとして、自分の技術を開発途上国の国造り人作りの為に役だてたいという思いから、青年海外協力隊に参加しました。現地でのボランティア活動を通じ日本の長所、短所も再発見できました。帰国後20年間、勤務のかたわら「青年海外協力隊OB会」や「協力隊を育てる会」の役員として活動してきましたが、これらの経験を生かし自分を育んでもらった松山市のために働きたいのです。国際化社会の現在、世界のなかの日本人として生きていくためにも若者たちを開発途上国で汗を流す体験を通じて、真の国際人を育てたいと思います。

スポーツを通した健全な青少年の育成

学生時代や協力隊員時代を通じてスポーツに取り組んできましたが、その中でスポーツが持つ教育的効果を痛感しました。協力隊員時代接した、途上国の子どもたちと若者の瞳の輝きを今も忘れることが出来ません。松山の青少年にも、そのような輝きをスポーツを通して取りもどして欲しいのです。そのためには、指導者の育成と充実が急務と考えています。

恵まれた自然と歴史を生かした町づくり

私が活動してきたインド洋にあるモルディブ共和国は、地球温暖化で水没の危機にあることを知りました。それに比べ、ふるさと松山がいかに恵まれているかを再認識しました。と同時にその恵まれた環境を生かしきれていない事実も痛感しました。 瀬戸内の穏やかな自然環境と、市内に温泉とお城を持ち合わせた全国でも数少ない恵まれた立地条件のもと、城下町が持つ歴史と文化を生かした町づくりを行います。誰もが「住んで良かった」と思う町、松山にしたいと思います。